九鬼肥料工業株式会社

ご挨拶

ご挨拶

安土・桃山時代、文禄の役で全国にその名を馳せた「九鬼水軍」。
その末裔が文化2年(1805年)、四日市の地で塩・肥料問屋を開業したのが、私ども九鬼肥料工業の始まりです。江戸・明治・大正・昭和・平成と移り変わる時の流れを超え、社業を続けてこられたのは、ひとえに、“良い商品をより安く”という商いの道をひとすじに歩み続けてきたからだと確信しております。顧みると、そこには、その道を進む者のみに注がれる天・地・人の恩がありました。「おかげ様で」という気持ちを大切に、社会の・皆様のお役にたてることを唯一の願いとして「至誠天に通ずる」心を大切にし、全社一丸となって努力を続けてまいる所存です。